病院への派遣薬剤師

派遣薬剤師が認められているのは、調剤薬局やドラッグストアだけです。一般的には病院への薬剤師派遣は、法律によって認められていません。 しかし、派遣薬剤師の求人を探してみると、病院でも募集されています。実は、法律では一部の場合に限り、病院への薬剤師派遣が認められているのです。

認められている場合とは、紹介予定派遣の場合です。これらの場合に限り、法律で募集することが認められています。
紹介予定派遣とは、契約が終わった後に双方の同意があれば、直接雇用に切り替えることができるタイプです。このタイプなら、契約期間が終わった後も働くことができるので、 働いている薬剤師にとっては安心して働くことができます。せっかく憶えた仕事を続けることができるので、知識や経験を無駄にすることもありません。 もし職場の人間関係や条件が気に入らなければ、そのまま辞めることも可能です。職場の環境を確かめてから正社員になれる、といったメリットがあると考えられるでしょう。
また、雇用する病院にとっても、その人の働きぶりを確認してから直接雇用できます。戦力になる人だけを雇うことができるので、雇用者側にとってもメリットになります。 多くの病院への看護師派遣は、この紹介予定派遣となっているケースがほとんどでしょう。

薬剤師

しかし、紹介予定派遣以外の形でも、一部には募集されています。その一部の形とは、産前産後休業、育児休業、介護休業中の代替業務です。 この病院が雇用している薬剤師の代替業務のときも、法律では認められています。病院としては、雇用している薬剤師が産前産後休業や育児休業、介護休業などを取得すると、 代替の薬剤師を探さなければいけません。代替で探すときには、なによりも即戦力になることが要求されますから、経験が豊富な派遣薬剤師は適任です。

また、産前産後休業や育児休業、介護休業から薬剤師が復帰するのに合わせて、雇用を切り替えることもできます。雇用する病院側にとっては、 一時的な人手不足を補うために最適な方法であるのです。雇用される薬剤師にとっても、代替業務で働くメリットは大きいでしょう。始めから契約期間が決められているので、今後の予定も立てやすいです。 また、始めから雇用される期間がわかっていれば、病院内での人間関係に悩まされることも少ないでしょう。派遣薬剤師として働くには、良い派遣先であるといえるのです。 代替業務の場合も、それぞれにメリットがあります。