派遣を希望するのはこんな人

派遣には、一般的に良いイメージはありません。給料が正社員よりも安い、不安定な働き方など、正社員に慣れなかった人の働く形態と考えられることが多いでしょう。 どちらかといえば、プラスのイメージよりもマイナスのイメージを持つ人が多いはずです。しかし、薬剤師に関していえば、派遣にマイナスのイメージはありません。 むしろ正社員の薬剤師として働くより、派遣を希望する人が多くいるほどです。

派遣を希望する人が多い理由は、働き方としての自由度が高いからです。正社員の場合だと、仕事を休みたくても簡単に休むことはできません。 夏休みや年末年始、ゴールデンウイーク以外に長期で仕事を休みたくても、希望が叶えられることはないでしょう。しかし派遣の薬剤師なら、始めから働く期間が決まっています。 派遣期間が終われば、仕事を長期で休むことは可能です。また、相手先から契約の更新を申し出られたら、そのまま働き続けることもできます。

相手から求められることが前提ですが、働き続けることもできれば、気軽に辞めることができる自由度があるのです。こうした自由度が魅力的で、薬剤師として派遣を希望する人は多くいます。 それでは、どのような人が派遣を希望する人なのでしょうか。

薬剤師

例えば薬剤師としてキャリアアップするためには、さまざまな現場で働くことが必要です。数多くの現場で働くことによって、多くのことを吸収して経験に変えていくことができます。 薬剤師としてさまざまな経験を積めば、キャリアアップにも繋がるでしょう。
しかし正社員の薬剤師として働いている場合は、頻繁に仕事を変えることはできません。一つの現場で長く働くことしかできず、キャリアアップができない状態になります。 派遣の場合は、契約が終われば次の現場に移ることが可能です。薬剤師として豊富な経験があるなら、次の派遣先も比較的すぐに見つかるでしょう。 キャリアアップするために、このように自由な働き方を希望する人は多くいます。

ほかにも、主婦として薬剤師として働きたい人にも希望する人は多くいます。派遣なら、時間を制限して働くこともできますし、残業や土日などに出勤する必要もありません。 夫の仕事の都合で薬剤師の仕事を辞める必要に迫られても、気軽に辞めることができます。このように派遣の薬剤師を希望する人は、仕事に自分の生活を合わせることをしません。 希望する人は、自分の生活に合わせて薬剤師として働きたい人と言えます。