目的を明確に

病院や薬局に正社員として薬剤師勤務をするととても過酷な労働条件となります。そういった状況から余暇を望む人もあり、現在人気を集めているのが派遣薬剤師の制度です。

これは薬剤師資格を有する人が派遣会社と契約し、そこから派遣社員として病院や薬局、ドラッグストア、企業などに勤めるというものです。 こういった派遣薬剤師では数ヶ月から数年程度の短期間の契約が通常であり、勤務時間や週あたりの勤務日数、有給休暇についての規定等も様々ですが、 自分の望む生活スタイルにあった求人案件を探して働いていくことができます。

子供

派遣薬剤師として生活していくためには明確な目的意識をもつことが大切になります。正社員で働くのに比べて勤務時間が減少して、余暇も増やすことができます。 その一方で、年収は低下してしまうことが否めません。余暇をうまく使うような目的意識をもったライフスタイルを計画しておかなければその利点を活用することができません。 本来正社員勤務していたときには土日にしばしば勤務があったり、深夜や早朝に勤務があったりすることがあったでしょう。

派遣薬剤師となるとまた状況が変わります。契約の時点で勤務日数や勤務時間について明確に決めることができたり、ある期間内は好きな時間に勤務してよいという方法があったりと、 望むスタイルの契約を交わすことが可能です。ただし、一般には、自由度が高ければ高いほど、契約期間が短ければ短いほど賃金も安くなってしまいます。 そのため、どういうライフスタイルを実現したくて派遣薬剤師となるのかという目的をはっきりさせて、それを実現させるために必要な求人を見つけ出すことがとても大切になります。

もし得られた余暇を家族のために使ったり、友達と遊んだり、旅行に行ったり、趣味に費やしたりという満足できる使い方がないのであれば正社員勤務をするのがもっとも賃金がよく、 福利厚生もよいことは間違いありません。目的のない派遣薬剤師への転職は収入を低下させるだけに終わってしまう可能性があります。

もし既に正社員勤務をしていて、転職して派遣薬剤師になろうと考える場合には、どの程度の余暇をいつ作りたいのか、そして、 それをどのようにして活用したいのかということを明確にした上で転職することを決意した方が懸命です。 そうすることで目的意識がはっきりとするため、派遣薬剤師としてうまく生活していくためのスタンスを身につけることができるでしょう。