派遣の年収はなぜ高い?

薬剤師の派遣社員は、年収が高いです。派遣社員は、社会保険などは、派遣会社が負担を行います。薬剤師などは、 薬剤師養成課程が平成21年度から4年制から6年制になり合格者が減少してしまいました。 薬剤師合格率が6割~8割ぐらいで、年度によっても問題が難題の場合があります。大学などによっても合格率が異なり、地域によっては薬剤師が足りない地域などもあります。年収はいいですが、 派遣社員は契約期間があり、更新されない可能性もあります。

公認会計士などは、超難関(S)ですが、薬剤師や歯科医は難関(A)です。年収が、高ければ高いほど資格の取得率が低いので重要視されます。薬学に関しては、7領域あり様々な知識を身に付けなければならないのです。 大学で、薬学を勉強するのは6年間もかかります。調合もそうですが、患者さんの体調に合わせて薬を処方しなければいけないので、命を預かっていると思って仕事に取り組んでる方は多いです。

最近では、ドラッグストアなども薬剤師の資格を持ってる方雇うなど、需要が増えています。ドラッグストアや薬局など、全国的に増えてきてます。ドラッグストアなどで、 発毛剤を売る際はミノキシジルが含まれてる物は薬剤師がいなければ売れません。処方箋などもそうです。アレルギー体質があるかどうか確認をし、それから薬を処方します。

年収が高い人は、お医者さんもそうですが、超難関(S)クラスの試験を合格した方々です。その方々は、小さい頃から勉強などを、人一倍やっており様々な資料を毎日読んでいます。 薬剤師の派遣社員の方などは、それまでの努力があり、その資格を取得しています。現代は、超難関(S)や難関(A)の資格所持者の人材が少なく、どうしても年収が一般サラリーマンの2倍から10倍くらいだと言われいています。 需要が供給に追いついていないのも現状です。

資格を取るにしても超難関(S)の資格を取るにしても大学などで勉強しなければなりません。これらの資格は、独学で取得するのは、ほぼ不可能です。独学でも取れる資格と言えば、簿記やFPなどは、独学でも可能ですが、 それでも相当努力が必要になります。

薬剤師は、派遣社員でも、雇われやすい職業です。年収も高いので現代では派遣社員のほうがいいと思う方が増えています。派遣社員だと、残業などが断りやすく、時間内に帰れるのもメリットです。 残業があっても、せいぜい月60時間程度です。意外と、時間調整など効きますので、仕事はやりやすいといえるでしょう。